無料ブログ作成サービス JUGEM
フルコミッション という営業

JUGEMテーマ:ビジネス

フルコミッション営業暦 25年。 現役プレイングマネージャーでございます!!
同僚マネージャー達からは「マネジメントに専念すればいいのに・」と言われますが
現場が好きで 未だに現役で営業してます(笑)

私がフルコミッションの営業職を選んだ理由。

それは・・・

面接を受けた時、フルコミッションだ なんて言われなかったし〜、「固定給17万で、あとは歩合。」と ウソつかれた。。。

以前は 大手企業の法人営業をしておりまして、辞めた理由は「張り合いがない」から。

自宅から近い営業の職場で、もっとやりがいのある所ないかなぁ! をキーワードに 職を探した結果、フルコミに入っちゃった。

入社し、研修始まって2日目に 研修を担当していたマネージャーさんが、「実は、この会社は完全歩合制なんです。」と カミングアウトした。

一緒に研修を受けていた10人近くのうち、私を除いた全員が 次の日来なかった。

私はどうして辞めなかったか というと・・・・・

辞めようと思ってましたよ〜。契約1本取ったら。。。

ただ、フルコミと分かったから逃げる・なんてことは したくなかっただけです。
「辞めるんなら数字上げてから辞めよう。」そう思ったんです。
          つづく

| しょうたろ | ビジネス | - | - |
つづき

JUGEMテーマ:ビジネス

研修が終わり、いざマニュアル暗記。

このマニュアルは、A4サイズの紙に ギッシリ書かれた15ページを一字一句丸暗記し、テストに合格しなければいけない。

脳みそが汗ダクになる感覚を初めて体験しました。

それをクリアーして、はじめてのテレアポ。

テレアポマニュアルは暗記の必要はなかったけど、内容は把握しておく方がいい。

初日でアポがとれた!
すごい!!と周りに言われたけど、初心者ゆえに始めは上手くいくっていうのもありますよね。いわゆる“まぐれ”ですね(笑)

このアポ先が、私を フルコミッション人生へと誘ってくれることになる 出会い となりました。
          つづく

| しょうたろ | ビジネス | - | - |
つづきのつづき

JUGEMテーマ:ビジネス

電話でアポをとった時の話の内容は こんな感じだった。

あっっ、言い忘れてましたけど私の仕事は 教材販売のフルコミですっ。

私が電話をかけて、まず電話にでたのは、M子ちゃん(高校2年生)。

「第二期の生徒募集をしていて、今、そちらの地区に説明で廻ってる。それと、こちらが一方的に話すんじゃ悪いから、うちと縁がなくても今後役立つように 大学入試の情報提供も 同時に無料で行ってる。」

こんな主旨。

M子ちゃんは言った。
「うち、お金ないから塾とか、そういうの出来ないし、私、大学には行けないんです。」

私は「はは〜ん、断り文句だな!」と思って、「そうなんだ〜、でも大学は行きたいでしょ!!」と言った。

するとM子ちゃんは・・「はい、行きたいです。けど、うちお金なくて・・・」

あれれ?この子、うそついてないな。。と思った私は、M子ちゃんと話しているうちに、なんだかM子ちゃんのためになりたいな と思ってきた。

「M子ちゃん、じゃあさ、お金かかる話はしないから、今私ね、そっちの地区を廻っててさ、M子ちゃんの家の近くにも行くから、もしお母さんがOKしてくれたらM子ちゃんの家にも寄るから、そしたら大学入試の資料をタダであげるよ。」

M子ちゃんは言った。
「うち、お母さん いないんです。」

あちゃ〜・・悪いこと言っちゃった。

「それなら、お父さんの いる時間は何時くらい?」

「お父さんはいつも遅いし、何時になるかわかりません。」

「M子ちゃん、ごめんね、それだと私、行けないよ。だって、知らない人がM子ちゃんひとりの時に来たらM子ちゃんだって怖いだろうし、お父さんも心配しちゃうだろうから。」

するとM子ちゃんは「私、大学へは行けないと思うけど本当は行きたいんです。だから資料とかは欲しいんですけどダメですか?来てもらえるんなら玄関の外で受け取ります。」

数字にならないとは分かっていても、どうしてもこのM子ちゃ

| しょうたろ | ビジネス | - | - |
そのまたつづき

JUGEMテーマ:ビジネス


M子ちゃん家に到着!正直 きれいな家ではない というのが初めの感想。
思ったら悪いけど、お金ないな と思っちゃった。
平屋で築50年くらいかな?玄関チャイムは なかった。
「ごめんくださーい」玄関の引き戸を少し開けて叫んでみた。
M子ちゃんが出てきた。

「どうぞお上がりください。」と言われたけど、
「お父さん居ないなら外で話そう。」と私はM子ちゃんに言った。

M子ちゃんは「玄関の中でいいですよ。」と言ってくれたが、私は「外で!」と言って譲らなかった。

まず、大学入試の浪人率の話をした。
「だから、勉強は早めに始めるんだよ。」と締めくくった。

次に、浪人すると待ち受けている息苦しい生活の話を例話を用いて話した。
これも、「だから、勉強は早めに始めるんだよ。」で締めくくった。

そして、受験勉強の進め方を話し、ここで、M子ちゃんは きっと私が教材を勧めてくる と思ったに違いない。

しかし、私は自分の浪人時代の話をし、M子ちゃんに私が味わった辛い思いはして欲しくないと思い、浪人時代の辛い話を しきりに伝えた。

この時の私の心には、教材を売ろう・とか、私利私欲は 存在しなかった。

そもそも、親が留守なのに、子供から契約を取ることはできない。

今日、私はM子ちゃんに勇気づけと、入試に関する情報提供をするためだけに来たのだ。

こんな営業マンは最低かもしれない。
心のゆがんだ営業マンに、下心ありと疑われても おかしくない。
けど私は、心底 電話でM子ちゃんに同情してしまったのだ。


塾や予備校に行ってても合格する人もいれば落ちる人もいる。M子ちゃん、何でか解る?
それはね、塾・予備校に通って授業をうけてノートとって、だけどその後、自分でもう一度問題を解く練習が足りないからなんだよ。自分で問題を解かず、授業うけてるだけで勉強した気になってる生徒も多いの。だからね、何か受験対策をとらなければ合格できない なんてことは ないんだよ。一番大事なのは、自分で問題を解くこと。一生懸命自分で問題を解く練習を積めば、独学で合格する人も多いんだよ。そして合格したら、奨学金の申請が できるからね。大学卒業したら、月に1万円ずつ、その借りた奨学金を返済していくことも可能だよ!大学卒業して 社会人になってからの1万円なんて、一回飲みに行ったら無くなる額だからさ、今、M子ちゃんは高校2年で、1万円って大金かもしれないけど、社会人で月1万円を返済すのは、そんなに苦じゃなよ。

といった具合にM子ちゃんの独学心を出させるために勇気付けに一生懸命だった私。

すると、玄関が“ガラガラっ”と開き、出てきたのは なんとお母さん。

お母さんいないはずなのに、なぜ??と思ったのもつかの間、
お母さんは私に対し、「おたくの塾は、おいくらですか?この子をお願いしたいです。」
と言い始めた。

私は「今日は話だけと言ってこちらにうかがいましたので、契約をいただくわけには いきません。」

と断った。

しかし、お母さんは、「今までのお話を家の中から聞いていました。この子をお願いします。」
と言って私に対し頭を下げた。


予想外だった。

これが私の初契約。

人のために一生懸命になれば、結果は必然的に付いてくるものだと悟ることができた。

帰りの車中は、とてつもない感激を味わいながら、
フルコミッションも悪くない、と思い これから先のたくさんの出会いのきっかけになった。

| しょうたろ | ビジネス | - | - |
アーティストリー 2

JUGEMテーマ:ビジネス

 

いつだったか企業のお偉いさんから、スキンケアは男の身だしなみ、ということでアーティストリーというスキンケアメーカーを紹介していただきました。

 

化粧水や乳液を使い終わって再度注文しようとしたけど、その企業のお偉いさんとも疎遠になってしまい、アーティストリーの買い方もわからず、P &Gのスキンケアを使っていたけど、昨日知り合った人から、アーティストリーをすすめられました。

 

使ったことあるし、販売元のネットワークビジネスの人たちにも私は偏見はないので、快く買わせていただきました。

 

ビジネス参加は私の場合は不向きだと思うので不参加ですが、単純に商品だけを自然体で売り込んで来る人は嫌ではありません。

 

堂々としているというか、私も業種は違えど営業マンなので、共感持てる哲学的な部分はあります。

 

しかし、ビジネスやってる人の中には、「営業じゃありません」とかいう人いますが、それは法令違反(消費者契約法違反)です。

 

この日本で仕事をしてるのであれば、自分の置かれてる立場に関連する法規には、すべて遵守すべきだと思います。

 

ましてや、「自分の置かれてる立場に関連する法規」が、わからない、なんて人をよく見かけます。ビジネスする上で社会のルールがわかった上で活動するのは大前提だと私は考えます。サッカーやるのにルール知らないでやるのと理屈は一緒です。

 

副業セミナーとか、ネットで稼ぐとかビジネスしてる人は多いけど、関連法規に則って活動してる人がどれだけいるか・・・

 

今日のアーティストリーの人はシンプルでした。

 

スキンケアの話からアーティストリーの話をし、「買ってください」って言った。

 

超シンプル合法です!!お見事!!!

 

| しょうたろ | スキンケア | - | - |
トップ校の成績TOPの子
県のトップ高校のトップだった子を5人知っている。

なぜか彼らに共通するのは、運動部もやっていてキャプテンだったという点。

勉強ができる子は運動が苦手という固定概念を持っていたのは俺だけだろうか?

結局デキる人は何やってもデキるし、躊躇なく取り組む。

できるかできないかを考えずに、まずやってみるのが彼らの特徴。

勉強になります。
 
| しょうたろ | - | - | - |
宝塚歌劇団 伝説の教え「ブス25箇条」

1 笑顔がない
2 お礼を言わない
3 美味しいと言わない
4 精気がない
5 自信がない
6 愚痴をこぼす
7 希望や信念がない
8 いつも周囲が悪いと思っている
9 自分がブスであることを知らない
10 声が小さくイジケている
11 なんでもないことに傷つく
12 他人に嫉妬する
13 目が輝いていない
14 いつも口がへの字の形がしている
15 責任転嫁がうまい
16 他人をうらやむ
17 悲観的に物事を考える
18 問題意識を持っていない
19 他人につくさない
20 他人を信じない
21 人生においても仕事においても意欲がない
22 謙虚さがなく傲慢である
23 他人のアドバイスや忠告を受け入れない
24 自分が最も正しいと信じ込んでいる
25 存在自体が周囲を暗くする

 

宝塚過激団という捉え方もあったり、素直に反面教師的に捉えて逆の行動を取るように心がけたり、

 

人にはそれぞれの性格や判断基準があると思いますが、

 

あくまでこれは「宝塚歌劇団の内部のルール」であって、社会全体への強制力はないと思うので、

 

私はどのようにこの「ブス25箇条」を捉えても良いと思います。内面は皆、自由ですし。

 

JUGEMテーマ:ビジネス

| しょうたろ | ビジネス | - | - |
あなたは本当に大人?(ゲーム)

JUGEMテーマ:ビジネス

あなたは本当に大人?あなたは本当に大人?

 

 

 

「APost」

というサイトのゲームです。

 

頭の体操には良いと思います。

 

| しょうたろ | ビジネス | - | - |
サルかな??
小学生のときありがちなこと、やったことあること

エスカレーターを逆走する
門柱を傘でカンカンカンカン
蚊にくわれたところは爪でバッテンをつける
柔らかくなった石鹸を網でニュルと絞る
「なんでそうなるの?証拠は?」証拠を求める
「誰が?どこで?何時何分何十秒?地球が何回った日?」さらに証拠を求める
一生に何回もある「一生のお願い」
「神様!助けてください!」都合のいい時の神頼み
ノートの1ページ目はとりあえず字が綺麗
道路の白線の上だけ歩いてみる試み
牛乳飲んでいる友達を笑わせる
教科書の偉人の写真にはとりあえずラクガキ

〜101匹目の猿〜
ライアル・ワトソン著の『生命潮流』で発表されたもので, ライアル・ワトソンは“イモ洗い行動をするサルの数がある臨界値を越えるとその行動は 群れ全体にとどまらず, 地球の反対側に棲息するサルにも伝わる”というお話。


 地域・年代あまり問わず、みんな同じですね♂♀ サルですかね(笑)


| しょうたろ | - | - | - |
アーティストリー

JUGEMテーマ:ビジネス

Sという大企業の重役と食事をした。

なかなか楽しいおじ様で、仰々しくなく会話ができた。

世間話の中で、私はその重役に 「スキンケアは気を使ってるか?」と聞かれた。

男の身だしなみに うるさい人のようだ。

重役は「アーティストリー」という化粧品がオススメと言ってきた。

私はアーティストリーというブランドを初めて聞いたので詳しくたずねると、

「アムウェイが販売しているブランドだ」と重役は言った。


アムウェイはダイレクトセールスなので、

販売する営業マンは、アムウェイの社員ではない。

ディストリビューターと呼ばれる個人事業主がクチコミをするスタイル。

その個人事業主は、どこかの会社に勤めながら掛け持ちでアムウェイの営業活動ができる。


アムウェイは、販売する人のイメージで良くも悪くも捉えられるが、

実際は世界58カ国に展開する巨大グローバル企業。

50年くらい前にアメリカで創業され、そのときの理念は、「チャンスの提供」

50年前といえば、アメリカは人種差別が盛んだった時代だ。


そんな差別の時代に、広く誰にでもチャンスを提供するという素晴らしい理念で創業された会社なのに、

面接が無く、誰でもビジネス活動に参加できるからか、ムリヤリな商法で、商品をユーザーに販売する人間も出てきて、会社のイメージがダウンした。

嫌な思いをしたのは、ユーザーか、アムウェイ自体か、両方か。

いずれにしても、フェアな方法で営業活動しない個人事業主は発展しないはず。

私は、どんな人から来た情報なのか?という視点で物事を見極めたい。

私の場合、信頼のおける重役から来た情報だったので、洗顔と化粧水と乳液を購入してみた。

そして使ってみて、自分の判断で善し悪しを決めようと思った。

自分が気に入る商品なら、自分にとって良い情報を得たことになる。

気に入らなかったとしても、日用品の金額など たいしたことないし、もう買わなければいいだけの話。

何かしらの理由で 気に入らなかったから といって うらむ人間は、よほどお金に困っているのか?(冗談です^^)

使ってみた感想は、特に香りが気に入った。使い心地も良かった。

あとで知ったことだが、このアーティストリーは世界売上のTOP5に入っていた。

ユーロモニターインターナショナル調査だから信頼できる。

@コスメ程度のレベルの問題ではない。

アムウェイビジネスの活動をしている人間の中には、問題ありと判断されても不思議ではない人間もいるだろうが、

それはどの会社でも同じこと。

私は純粋に、自分の手に届く範囲内で良い製品を使いたい。

贅沢ではなく上質なアムウェイ製品は好きだ。



   

 

| しょうたろ | スキンケア | comments(0) | trackbacks(0) |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.